作者別: -

30代を過ぎてから肌に凹凸が出てきたら

35才を過ぎてから年々肌荒れや肌の凹凸が目立つ様になってきてしまう場合は、肌の保湿が足りない可能性があるかもしれないと考えています。30代後半の私が愛用しているスキンケア化粧品は保湿力が高いものを選ぶようにしていますが、旅行先などでいつも使っている化粧水などがない場合はホテルのアメニティの化粧水を使うと一気に肌が乾燥してしまって、気付けば吹き出物が出来てしまっているということが多くあります。
また、夜眠る前に化粧水や乳液をしっかり付けないことで朝になったら肌乾燥して肌に痛みが感じるほどの場合もあります。そんな日常を繰り返していると、気付けば慢性的な乾燥に慣れてしまっていて、まったく水分が足りていないことに気づかずいたりもします。こうなってしまうと、肌はハリを失うようになってきて、肌の凹凸が目立ってくるようになってしまいました。憧れのなめらかな肌とは真逆のデコボコ肌になってしまうと若い頃の肌本来の美しさを取り戻すのは大変です。
もう遅いのでは?と諦めてしまいそうにもなりますが、諦めてしまってはもっと肌環境が悪くなってしまうので、保湿力が高い化粧水や乳液をしっかりアアと夜に使うことが重要だと思います。
肌のハリを保つには、食べる食事の栄養も重要と言われていますが個人的にはコラーゲンを摂取できる食事やビタミンを豊富に摂取できる飲み物や食べ物を不足しないように摂取することが重要だと考えています。
イソフラボンなどがしっかり摂取できる豆乳などもおすすめです。
肌の凹凸をこれ以上悪化させないように、食べ物も肌のケアの方法もしっかり考えた方が美しさを取り戻すためにおすすめです。

(※写真はイメージです。)

目の下のクマを解消する方法と予防法ってあるの?

目の下のクマは目不足や疲労からきている場合もありますが、血行不良やまぶたや目じりの筋肉の衰えなどによってもでることがあるそうです。
眼の下のクマを解消するためには、規則正しい生活とバランスの良い食生活が予防法と言われていますが、直接マッサージやまぶたのトレーニングをすることによって解消する方法も本で読んだ事があります。
目の周りは皮も薄くデリケートな場所なので、マッサージをする時は乳液などのクリームを使いながら優しい力で行わなければならないです。
私が実践している方法ですが、まず指を三本くらい使っておでこの中心からこめかみにかけてなぞっていきます。こめかみまで来たら眼の下の骨にそって目頭まで移動させ、そこからまぶたの上の骨にそって目じりまで優しくなでるようにマッサージしていきます。最後にこめかみの辺りで圧力をかけて一セットになります。これを何度か繰り返すようにしましょう。最後にこめかみの辺りから顎の骨にそって指をなでるように移動していけば、リンパも刺激できるので、老廃物を流してくれる効果も期待しています。
また目を大きく見開いて、次に力いっぱい目を閉じるというのを繰り返す方法は、目の周りの筋肉を鍛えることができると思っているので、目の下のクマを解消するために継続しています。
これは私が実践している美容法を語っているだけなので、もしこれを読まれている方が実践する場合は自己責任の下に行ってください。

また、私が愛用中のスキンケアアイテムを特集しているページもご紹介します。
コスメ選びはやはり美しい肌を維持するには超重要だと思います。肌にダメージを与えないコスメを選ばないと、どんどん肌が老化してしまうのではないかなと思います。

~ 40代の肌におすすめのクレンジング