30代を過ぎてから肌に凹凸が出てきたら

35才を過ぎてから年々肌荒れや肌の凹凸が目立つ様になってきてしまう場合は、肌の保湿が足りない可能性があるかもしれないと考えています。30代後半の私が愛用しているスキンケア化粧品は保湿力が高いものを選ぶようにしていますが、旅行先などでいつも使っている化粧水などがない場合はホテルのアメニティの化粧水を使うと一気に肌が乾燥してしまって、気付けば吹き出物が出来てしまっているということが多くあります。
また、夜眠る前に化粧水や乳液をしっかり付けないことで朝になったら肌乾燥して肌に痛みが感じるほどの場合もあります。そんな日常を繰り返していると、気付けば慢性的な乾燥に慣れてしまっていて、まったく水分が足りていないことに気づかずいたりもします。こうなってしまうと、肌はハリを失うようになってきて、肌の凹凸が目立ってくるようになってしまいました。憧れのなめらかな肌とは真逆のデコボコ肌になってしまうと若い頃の肌本来の美しさを取り戻すのは大変です。
もう遅いのでは?と諦めてしまいそうにもなりますが、諦めてしまってはもっと肌環境が悪くなってしまうので、保湿力が高い化粧水や乳液をしっかりアアと夜に使うことが重要だと思います。
肌のハリを保つには、食べる食事の栄養も重要と言われていますが個人的にはコラーゲンを摂取できる食事やビタミンを豊富に摂取できる飲み物や食べ物を不足しないように摂取することが重要だと考えています。
イソフラボンなどがしっかり摂取できる豆乳などもおすすめです。
肌の凹凸をこれ以上悪化させないように、食べ物も肌のケアの方法もしっかり考えた方が美しさを取り戻すためにおすすめです。

(※写真はイメージです。)